ケベックはりんごの産地。朝晩、キンっと冷える空気を感じたら、りんごの季節の始まりです。

日本のりんごに比べると、小ぶりでしっかりした食感、甘酸っぱいりんごは、お菓子作りにもってこい。幼い頃からりんごは大好きでしたが、何故か火を通したものは苦手だったので、りんごのお菓子に目覚めたのは大人になってからです。

アップルパイ、りんごのタルト、りんごのパウンドケーキ、アップルクランブル、りんごのマフィン。

挙げればきりがないほど多種多彩で、秋から冬のお菓子の主役。そんなりんごを好きなだけ食べられて、もぎたてをお持ち帰りできるりんご園が、モントリオール近郊にはたくさんあります。

りんご狩り4
お天気も良く、広々としたりんご園で過ごす一日は、ちょっとしたピクニックです。りんごは何個も食べられるものではありませんが、ひとつの農園でも、マッキントッシュ、ガラなど、様々な種類を栽培しているので、とりあえず全種類は試してみたくなります。スーパーで売っていて味は知っているのですけれど。

りんご狩り1

りんご狩り2
りんご園でも、りんごを使ったお菓子を売っていました。もぎたてで毎日お菓子が作れるなんて、なんて幸せな環境でしょう。

私は大きな袋に詰めて帰ったりんごで、お店のマフィンを作ります。家では手軽にできるアップルクランブルに。


モントリオール製菓学校・ビジネスモデル販売