きっかけの街 モントリオール

モントリオール製菓学校公式ブログ。 モントリオールのこと、お菓子のこと、北米の日々を綴ります。

2016年07月

Toronto2
カナダ最大の都市、トロント。近代的なビルが建ち並ぶ大都会です。

Toronto3
1827年創立、歴史のあるカナダ屈指の名門、トロント大学。

Toronto1
おしゃれなカフェも充実していて、

Toronto4
カフェのショーケースには、ショートブレッド。

英国の香りを随所で感じる街。同じカナダにあっても、モントリオールとは違う趣があります。
英仏の争いは遠い過去の話ですが、それでも今だに、トロントとモントリオールは妙なライバル意識があるような。

特にNHL(ナショナル・ホッケー・リーグ)で、カナディアンズ(モントリオールのチーム)とメープル・リーフス(トロントのチーム)の対戦は、両市がエキサイトメントに包まれます。巨人阪神戦、はたまた早慶戦を都市レベルで行っているようなものでしょうか?

私はアイスホッケーに詳しくありませんし、どちらが勝っても良いというのが根底にはあるのですが、やはりTVで放送されているのを観ると、モントリオール・カナディアンズを応援したくなります。モントリオールへの帰属意識がジワジワと芽生えているようです。

「住めば都」とは、言い得て妙。新しい街に暮らすときのモットーにしています。

トロントも住みやすそうな良い街でした。英語でこと足りますし。縁があれば自分の「都」になるかも知れません。


おしゃれなカフェ
Cafe Balzac

 

お客さん
モントリオールで営業していたカフェと道路を挟んですぐのアパートに住むメキシコ出身男子。

パソコンを持ち込み、仕事をしたり勉強したりするお客さんが多い中、彼はいつも何か動画を見ている様子。パソコンで何をしているのか、画面は見えませんし(見るつもりもありませんが)、聞いたわけでもないのですが、何だか楽しそうな、その背中。メキシコ出身だからサッカーの試合でも見ているのか、自称ミュージシャンだから音楽のビデオを見ているのか、と、勝手に想像を働かせておりました。

ある日、いつものようにヘッドホンをして動画を見ている(と勝手に決めている)彼に、オーダーのコーヒーを持って行き、邪魔にならないよう、そっとテーブルに置こうとしたその瞬間。

ワッハハハハ!

すごい勢いの笑い。何?何なの?驚く私に、パソコンの向きを変え、画面を見せてくれた彼。そこには、見慣れた人々が。日本のお笑い芸人さんたちの、体を張ったパフォーマンス。

彼が熱く語ってくれました、番組名は『ガキノツカイヤアラヘンデ』。そして、ミスター・ハマダがいかに面白いか。言葉が通じなくても笑いは共通。言語を超えて感情に訴えるものには力があると、自分の中で結論づけました。

たべものも同じです。おいしい、という感覚は、説得されて出てくるものではなく、自然と感じるもの。その土地の人がおいしいと感じるものを提供できれば、どこででも商売できそうです。

 

bakrawa
アラブ系スーパーの一角。ずらっと並んでいるのは『バクラバ』という中東のお菓子です。

フィロと呼ばれる極々薄い生地で作ったパイ生地に、ピスタチオやアーモンドなどのナッツを挟み、焼き上げてからシロップをかけた、甘い、甘い、甘〜いお菓子です。

初めて食べたときは、その甘さが衝撃的でしたが、コーヒーにもお茶にも合うこのお菓子にハマり、スーパーで見かけるとついつい購入。バクラバ専門店にも足を運ぶようになりました。レシピを探し、日本でバクラバのお店をやろうか、などと妄想したことも。

時間を気にせず、ゆっくりおしゃべりしながらつまむのが、私にとっては、このお菓子の食べ方の理想です。ターキッシュコーヒーかミントティーをすすりながら。

ruelle
モントリオールの、特にプラトー地区でよく見かけるこの看板。その先を覗くと、小さな世界が広がっています。
ルエル

『ルエル』日本語で小道のことです。表通りの喧騒とは別世界の、ゆったりした時間が流れている裏通り。緑が植えられ、それぞれの家の個性溢れる小宇宙が広がっています。

昔は、こんなに手入れをされたルエルは少なく、いわゆる路地裏。車も入ってこないから安全で、子どもたちのかっこうの遊び場でした。夏はかくれんぼにおにごっこ、冬は凍った地面でホッケーをして遊んでいたそう。こんな路地裏でアイスホッケーとは。さすが、カナダの国技です。

私も子どもだったら、かくれんぼは勿論、妖精探しに夢中になったでしょう。大人になった今、バーチャルでモンスターを探すことには興味がありませんが、本当に妖精がいそうな世界にワクワクします。

今でも子どもたちを見かけますが、カナダも大家族時代を終え、ルエルで遊ぶ子どもも少なくなりました。

モントリオールでは、カフェ巡りも良いですが、晴れた日はルエル巡りを。

スマホ片手に出かけましょう。モンスターを探すためではなく、絵になる光景を写真に納めるために。
 

PEI灯台1
私、45歳で結婚しました。初婚です。

「まさか、あなたが結婚するとは思わなかった」
両親をはじめ、親戚、友人、みんなが口を揃えてこう言いました。はい、私もまさかと思っていましたもの。

でも、このことがわかっていた人がただ1人、おりました。たいやき屋のツワモノです。

出会ってから15年以上、公私にわたり何でも話していたので、私以上に私の性格や状況を把握していた彼。こうすればこうなるよ、と、いとも簡単にアドバイスをくれるのですが、それがその通りになるから、私はいつも不思議でなりませんでした。

モントリオールでお店を営業していたある日、ツワモノが言いました。D(今の旦那)がそろそろ私に会いに来る、と。その頃、知り合いではありましたが、少し距離を置いていたDと私。何の根拠があってそんなことを言うのかと不思議に思いましたが、何とその日の営業後、Dがお店にやって来ました。

私はこの時ばかりは、彼の超能力を疑ったほど。
どうしてわかるのか、と尋ねると、Dの性格を考えればわかること、と軽く言ってのけました。実際、結婚したのは、この日からちょうど4年後。その間も、Dと結婚するとは思っていませんでしたし、どうしたら運命の人に出会えるかという焦りや、このままひとりだったらという不安を、ことあるごとに彼に吐露してきました。

「ひとりでも楽しい、ふたりならもっと楽しい」

こんなシンプルなことが、やっと自分の感覚としてわかってきた頃、再びDと会うようになり、結婚を決めました。決まってからはトントン拍子。今思えば、「ひとりでも楽しい」と思えるようになったことが、結婚の『きっかけ』だったのだと思います。

灯台もと暗し

私の結婚の場合、そこにしっくりくる人がおりました。
同じく、たいやき屋のツワモノも、灯台もと暗し。実は一番すごい人が一番身近にいたようです。「ひとりでも楽しい」と本当に思えるようにしてくれたのは、間違いなく彼。彼によって、物事の捉え方や考え方も変わり、色んなことがうまくいくようになりました。結婚は、その副産物です。

私の人生は、彼の『プロデュース力』によって大きく変わりました。

自分の人生、自分で決める?
いえいえ、人生、誰と何を話したかで決まります。

image

ロジャースカップ3
毎年夏にカナダで開催されるロジャースカップ。全米オープンの前哨戦、男子はATP1000に規格されているテニスの大会です。男子がモントリオールの年は女子はトロント、といった具合に、2都市で男女交互に行われています。

2013年、モントリオールで開催された男子トーナメント戦。当日チケットを買えば、好きな試合が好きなだけ観戦でき、選手たちの練習風景も間近で見られます。試合中の静寂、競技の美しさ、会場でしか感じられない雰囲気、一球一球が一期一会のような緊張感に、すっかりテニス観戦に魅了されてしまいました。

錦織選手の試合を全て観戦しましたが、さすが、日本人の少ないモントリオール。試合会場は、空席の方が多く、「錦織くん、がんばってー」という声援が、やたら響き渡り、言っておきながら恥ずかしいほど。

当時の錦織選手は世界ランキング11位、残念ながら3回戦でフランスのガスケ選手に敗退し、コートを去る背中に、テレビには映らない、計り知れない厳しい世界を見た気がしました。
ロジャースカップ2
その後の錦織選手の躍進ぶりは、みなさんご存知の通りです。
カナダの地で、是非タイトルを!
今年は男子がトロント。もうすぐ始まります。 

image

ノバスコシア州の東部に位置するケープ・ブルトン島は、スコットランド人が多く移住し、現在もその伝統が色濃く残る島です。周りを海に囲まれ、断崖や砂浜、山には緑と四方八方に大胆な景色が広がるこの島は、ドライブに最適。道の状態は日本ほど整っていませんが、景色は最高です。実際、日本の自動車CM撮影が行われることもあるそう。

ドライブ中に、鉄橋から海にダイブしている、こんな風景に出会いました。今の日本では、危ないから、とお咎めを受けそうな彼らですが、私も昔は同じようなことをしておりました。与えられた環境の中での最大限の楽しみ方を模索するのは、日本もカナダも変わらないというのは面白い。こんなところで懐かしい風景に出会うとは。
CB1
 
ドライブ中、目にするたびに食べたくなってしまうのがアイスクリーム。"What's The Scoop" の看板に惹かれ、車を停めました。
CB4

盛りが良いのが嬉しいです。カナダのアイスクリームは、必ず期待を超える量を盛ってくれます。たったそれだけで、ただの仕入れたアイスクリームが特別おいしく感じたりするのですから、盛った時点で勝負あり!です。
 CB3

PEIじゃがいも畑
プリンスエドワード島は、赤土の島。この色は、土に含まれる鉄分によるもので、これが肥沃な土壌をつくっています。この豊かな大地から生まれるのが、島の名産、じゃがいもです。

たかがじゃがいも、されどじゃがいも。じゃがいもが美味しいから、フライドポテトもマッシュポテトもとびっきり美味しい。日本で好んではフライドポテトを食べない私ですが、カナダではその美味しさに、付け合わせのポテトが毎回楽しみです。ここ、プリンスエドワード島のポテトはまた格別。

こちら、脇役のマッシュポテトが主役級に美味しいです。スペアリブとエビも絶品ですが、ポテトは間違いなく助演男優賞。
PEI15


海岸も赤いです。
赤土の島ということは『赤毛のアン』の中にも登場しますが、それを意識して『Anne of Green Gables』に『赤毛のアン』と邦題をつけたとしたら、村岡さん、すごいです。
PEI20


島へのかけ橋、コンフェデレーションブリッジができて、島の自然が失われるのではないかという心配の声があったようですが、そこには自然はそのまま。昔から変わらないであろう風景が、広がっています。

海藻を採る方法も昔ながら。
PEI1

ロブスター漁も昔ながら。
PEI2

いちご狩りは、野で摘みます。味も、昔ながら。甘酸っぱくて、小さいのに力強い味がします。
PEI7

PEI8

教会は、昔から変わらず、人々の生活に寄り添っています。
PEI教会

灯台も、昔から変わらず、今日も海を見守り続けています。
PEI11


 おすすめ

The Great George(シャーロットタウンで宿泊)
http://thegreatgeorge.com/ 

Sim's Corner(シャーロットタウンで食事)
http://simscorner.ca/ 

Kindred Spirits Country Inn(キャベンディッシュで宿泊)
http://www.kindredspirits.c

『赤毛のアン』を生んだ地、プリンスエドワード島。

この島へのアクセスは、空路、陸路、航路の3つです。どの方法でもワクワクしますが、今回、この橋を渡りたくて、陸路(車)にしました。

島へのかけ橋、コンフェデレーションブリッジ。1997年に開通した全長12.9kmのこの橋は、瀬戸大橋とほぼ同じ長さです。冬は海面が氷るため、航路が機能しなくなる中で、橋の開通は島の長年の悲願だったそう。

さあ、島へのプロローグは10分ほど。さっきまで降っていた雨も止んで、虹が迎えてくれました。
PEI5





image

ルーネンバーグ 小屋
ハリファックスから南西に100km、色とりどりの家が建ち並ぶ街ルーネンバーグ。

海に面したこの街は、かつては漁業や造船業で栄えた港町。その昔、大英帝国が築いた北米植民地の特色を今に残していることから、世界遺産に指定され、現在は観光が主な産業です。

一日あれば街歩きを充分に楽しめる、こじんまりとした街ですが、たくさんの発見と歴史を守る人々の誇りを感じ、暮らしてみたい衝動に駆られました。

この街並みと家々の佇まいは、ともすると「かわいい」を連発したくなるところですが、「かわいい」とはちょっと違う気がします。どうして日本人は何でもかんでも「かわいい」と言うんだ?とカナダ人から皮肉まじりに指摘されたことが頭をよぎり、もっと違う形容詞があるはず、と考えながら、歩きました。

カラフルに彩られた家々は、その昔、船用の余ったペンキを塗ったことから始まったとか。
空を見上げれば、色んな魚が。まるで空を泳いでいるみたいです。

ひとことで形容する必要ないじゃない。そんな気にもなってきましたが。

鮮やかな街、ルーネンバーグ。

空気や風、空や海の清々しさ、匂いも一緒に感じて、そんなことばがしっくりきました。歴史があるのにこんなにも鮮やかでフレッシュな街は、あるようで無いのかも知れません。写真で見た時の、カラフル、かわいいという印象も、実際に見て感じると違ってきます。

だから旅はおもしろい。
6

7




ハリファックス
モントリオールを19時に出発してから22時間。1346kmの旅は、車窓を絶え間なく移り変わる風景と3回の食事に、飽きることなく無事終点ハリファクスに到着しました。

ちなみに運賃は片道約CA$250。繁忙期前でしたので、随分お得なディスカウント価格で購入できました。たまたま買えたらラッキーです。定価はCA$600以上ですので。

さて、ノバスコシア州の州都、ハリファクス。海に面したこの街に到着した瞬間、潮の匂いに懐かしさがこみ上げました。故郷に戻って来たような。海があると落ち着くのは、幼い頃から染み付いた感覚なのですが、どこの海でも同じように感じるのは、海がつながっている故なのかも知れません。

ハリファクスから見える海は、ヨーロッパにもインドにも、そして日本にもつながっています。今から100年以上前、豪華客船タイタニック号の海難事故が起こったのが、ここから1130km離れた海の上。惨事の後、救助の拠点となったハリファクスには、現在も多くの犠牲者が眠っています。また、大西洋海洋博物館には、タイタニック号ゆかりの品が数多く展示されていて一見の価値ありです。

タイタニック号は1997年の映画『タイタニック』でその名が広がりましたが、私にとってのタイタニックは、『ニューホライズン』中3の時の英語の教科書です。
「新しい地平線」という希望に満ちあふれた名前の教科書と、その中の悲劇の物語があまりにも対照的だと思ったのを覚えています。今思えば、かわいくない中学生でした。

タイタニック1

タイタニックの食事メニュー
タイタニック3

タイタニック号で使用されていた食器
タイタニック2


 

列車朝食
寝台列車の食堂車で朝食を待つひととき。

幸せです。

列車朝
 

列車
モントリオールから旅に出ました。東カナダをめぐる旅。

ハリファックスまではVIA鉄道の寝台列車。1泊3食付き、列車の旅です。
ブルートレインに憧れて、列車の通過時間になると、きょうだいで線路脇まで見に行った子どもの頃が懐かしい。乗るのは初めての寝台列車。

飛行機でサクッと行くのも良いけれど、寝台列車は何倍も旅の気分を盛り上げてくれます。さあ、ワクワク最高潮で出発です。 

モントリオールの母なる川、サンローラン。大西洋から五大湖へ続くこの川は、かつてカナダの発展に大きく貢献しました。

カナダ東岸から西部へ開拓が進められた時代。当時の交通の要であった水路の発展が、その後の国の発展を決定づけたと言っても過言ではありません。水路の発達においてハドソン川(ニューヨーク〜五大湖間のエリー運河)に遅れをとったサンローラン川。これが、モントリオールの西部への通商がニューヨークに負けた理由だと言われている程ですから。

ちょっとカナダ贔屓ではありますが、サンローラン川の水路がもっと早くに発展していたら、世界経済の中心はモントリオールだったかも知れません。

サンローラン川が水路に適さなかったのは、ここ。この急流のせいです。
波
年間を通して波立つスポット、夏はサーフィンやカヤック、急流下りが楽しめます。特にサーフィンは、いつでも波があるので、ボードの上にうつぶせになって波を待つ必要がありません。

かつては水路の建設、更には国の発展を邪魔した波も、現在はこんなアクティビティに使わているのです。

そして、こんな使われ方も。
波を眺める
波を眺める。。20年後の理想です。
 


水やり
初夏を迎えたモントリオールの街角。

冬の除雪作業だけでなく、夏はこうした樹木への「水やり」、公園の整備、年間を通してのゴミ収集など、モントリオールで暮らしていると、市のサポートをあちこちで見かけます。普段は意識していませんが、改めて考えると、結構恩恵を受けていますし、その作業風景も大胆でプロフェッショナル。見ていて楽しかったりします。

ケベック州の消費税は、カナダの国税と合わせて約15%
日本の消費税率アップが先送りになり、物議をかもしていましたが、カナダの税金は、毎年のようにじわりじわりと上がっていきます。家賃や物価も毎年じわりじわり。経済は発展していくもの、という前提ありきですから、皆、当然と思っています。それに、リターンもそれなりに感じられ、街でも市民のための業務を目にするのですから、まあ良しと思えます。

そして、税率の上昇を維持しているのが、公務員の多さ。これが文句の出ない一番の理由だと思うのですが。実際、公務員の友人達は、モントリオールの福祉の充実を大絶賛しますし。

そこまで絶賛するほどでもないとは思いますが、モントリオール暮らしでありがたいのは、ゴミ収集。ベッドでもソファでも、収集日に道路に出しておけば、サクッと持って行ってくれます。もちろん無料で。

さて、ゴミ収集車が一番忙しいのは、7月1日。カナダの建国記念日で、何故かこの日に皆が引越しをするという、ムービング・デーだからです。とにかくこの時は道路が家具だらけ、中古家具店が開けそうなほどです。

山積み家具が収集された後のすっきりした道路、いよいよモントリオールも夏本番です。

レモネード2
夏のドリンク、レモネード。

モントリオールの夏は、イベントやお祭りが目白押し。色んな屋台が出ますが、ひときわ鮮やかなレモンの黄色、いや、レモン色に惹かれます。そして、この大胆な作り方。レモンをカットして絞るだけの単純作業も、大量に作っていると、特別なものに見えてきます。

この光景を見ると、夏を実感すると共に、懐かしい曲が頭の中をぐるぐるし始めました。

“冷えたレモネード 白いカフェから 揺れる木漏れ日を見たの...”

松田聖子さんの『レモネードの夏』。当時のレコードB面のカップリングナンバーです。34年も前の曲ですが、まさかモントリオールの屋台の景色で思い出すとは思いませんでした。しかも、ちょっぴり切ない歌詞には全く合致しない、お祭りの屋台で。

間違いないのは、レモネードは夏の飲み物ということでしょうか。太陽をたっぷり浴びて育ったレモンで作るレモネードは、やはり太陽の季節が一番おいしい。

ちなみに、Sunkist の名前の由来は、Sun-kissed(太陽を浴びた)
ネーミングの妙がこの企業の成功に一役買ってると思っていたら、Sunkist はアメリカの『農協』なのだそう。さすが、ビジネス上手です。

レモネード




 

image

今日は、少し早めに開店しました。

↑このページのトップヘ